北海道命名の地(上川北部/観光スポット)

リンク/リンクバナー

↑↑↑↑↑↑↑↑
見るだけでも楽しい
バナー、必見です!
サイズもいろいろ揃ってます。



管理人おすすめの宿


森のゆホテル花神楽

(東神楽町)


はぼろサンセットプラザ
(羽幌町)


ゆ〜りん館
(美唄市)



興味ある方はロマン派
感想や励ましコメントください。管理人

動画のBGMもお楽しみくださいね。

ランク
コメント 道北の大河「天塩川」が満々と流れるほとりに歴史的な場所がありました。
(以下、音威子府村HPより転載します)

安政4年(1857年)、幕末の探検家・松浦武四郎は天塩から石狩川上流への道路開さく調査をした際、これを「天塩日誌」に記録しています。この記録の中では、当時の天塩川流域の状況が克明に報告され、過去の様子を知ることが出来る大変貴重な資料とされています。そして何よりも重要なのがこの調査の帰路、音威子府村筬島(おさしま)地区の鬼刺辺(おにさしべ)川付近で野営した時、アイヌ民族の集落(コタン)に立ち寄り、アエトモという古老(エカシ)に「カイナー」と言う言葉の意味を尋ねたところ、「カイ」は「この国に生まれたもの」で、「ナー」は敬語ということを教えてもらったというような記録が残されていることです。

 明治2年(1869年)の「蝦夷地」(のちの北海道)改称に先立ち、開拓判官であった武四郎は、「道名の義につき意見書」を明治政府に提出、日本の「北」にある「カイ」、それに旧領土を指す「道」をつけ『北加伊道』という案を発想し、これを含めた六道名案を由来とともにを提案をしました。そして、この『北加伊道』を基にし、現在の『北海道』の名称が誕生したと言われています。

 現在、この松浦武四郎の『天塩日誌』に残された記録などから、筬島地区天塩川流域の地に『北海道命名の地』碑を建立しました。
 2011年7月には、それまで建立されていた碑を再建立し、北海道知事高橋はるみ知事が揮毫(きごう)した新たな碑(全長5メートル、地元産トドマツ使用)が建ち、『北海道命名』にまつわる歴史を物語る地として多くの方々が訪れています。

 北海道命名の地碑周辺は、森林や天塩川などの自然豊かな環境に囲まれているため、さまざまな動物(ヒグマ等)の目撃情報がよせられています。見学の際は十分注意するとともに、ゴミの持ち帰り等にもご協力をお願いします。
住所 中川郡音威子府村(おといねっぷ) 地図
電話 電話なんかありません
営業時間 営業時間なんてありません
定休日 いつでもご覧になれます。(冬は困難)
料金 お金なんかいりません
交通 音威子府村中心部より車で10分ぐらい
駐車場 川原に停められます
ホームページ
その他 熊に気をつけてください
登録日 データは 2012/11/04 時点のものです。変更にお気付きの方はお知らせくださいませ。

投票にご協力ください。
行ってみたいですか?
↑クリック

13 人の方が行ってみたいと思ってます。


コメントする
皆様からいただいたコメントです。
日付 ハンドル名 コメント
2013/04/27 もりのくま 鹿にはよく出会えます時にはクマの足跡が多数のどかです。対岸は釣りの穴場です。


Copyright(c) 北海道中毒制作委員会 Allright Reserved.